OEM

OEMヘルメット

2017年に廃業したヘルメットメーカー株式会社 立花の代表ブランドだった『SHM』を継承し、そのフラッグシップモデルだったハンドステッチを、『SHM HAND STITCH®』としてブランド名に位置付けました。1969年から約50年、歴史と実績を積んできたからこそのネーミングは、確固たる自信を持つ証拠であり、革に一針一針丁寧に手縫いで縫い込んだヘルメットは、ミシンステッチやダミーステッチにはない、クラシカルな存在を放っております。手にしたとき、被ったときの雰囲気は抜群に良いヘルメットです。

ハーレーダビッドソンジャパン指定のペイントショップ、Glanz とのプロデュースのブランドです。ハーレーダビッドソン純正の塗料でペイントしたヘルメットは、調色した塗料では決して成し得ない存在感と高級感を放っております。受注生産性でカラーとサイズをオーダーいただいてからの製造ですので、特別感も得ることが出来ます。2012年から2019年モデルまでの全カラーのオーダーが可能です。

エントリーモデルのヘルメットとして誕生したのが『GREASER』です。 コストパフォーマンスにばかり目が行きがちですが、その価格の価値以上の作りの良さが好評です。深く被れるように内装の仕様を徹底的に研究し、極限のスモールタイプでありながらSG規格をクリアしております。 機能性や安全性はもちろん、見た目のカッコ良さも優れたスタイルはエントリーモデルとしてだけではなく、ベテランライダーまで幅広い支持を得ております。

“ライダーベル” “バイカーベル”とも呼ばれる『ガーディアン・ベル』は、ガーディアン(Guardian) が守護神や守護者を意味し、ベルの音が道路にいる悪魔を除けてくれるお守りとして危険から守ってくれるとされています。 『Guardy』は『Guardian』から派生させた造語です。安全基準のSGマークのヘルメットが頭部を守るのと同じように、“Guardy Bell”も守ってくれるという願いのもと、ヘルメットに付属させております。

シールドやバイザーなどもオリジナルでリリースしております。形状や仕様が異なるアイテム群は、ライディングの距離や目的、天候によって変えることで、集中力や疲労感に違いが出てきます。また、見た目のカッコ良さも大事ですので、バイクやTPOに合わせて付けることで気分も変わってきます。ほとんどの商品が日本製ですので安心してご使用頂けます。

真冬のライディングを快適にサポートするGMG Gauntlet Glove。クラシックな外観でありながら、内装には科学素材を採用する事で保温性・防風性・防水性・透湿性などの機能を併せ持つ。さらに導電素材を染料に入れ込み独自に開発した指先のスマートフォン・タッチ対応など、今ある技術を最大限に活かした究極かつ唯一無二のガントレット・グローブ

クラシカルシリーズのGMG CLASSICです。ライディンググローブは、使い勝手の影響が操作性にそのまま出てきます。良質なグローブほどその差は顕著です。GMG CLASSICの鹿革は柔軟性と耐久性、そして快適性にも優れていますが、特筆すべき点は操作性の高さです。手に吸い付くような自然な心地が得られ、馴染んだころには素手に近い感覚になってきます。

AVENGER HELMETSの日本総代理店になっております。フランス出身のアメリカ人、X Robert氏はデザイナー兼ペインターで、若いころからモーターサイクルとビンテージの世界で活躍し、AVENGER HELMETSを設立しました。 ビンテージバイクやビンテージヘルメットを知り尽くした彼だからこそ出来上がるアイテムは、量産が出来ないハイクオリティーなハンドペイントと、他に類を見ないテイストで我々を魅了してくれます。

Baruffaldi(バルファルディ)のゴーグルはすべてがイタリア製です。 最新素材を使いながらもハンドメイドを貫き、バイク好きを唸らせるデティールを持ちながら、高級感にもあふれています。 眼鏡の使用も可能なビンテージかつスポーティなシルエットは、ジェットヘルメットはもとより、ビンテージスタイルのフルフェイスとの相性も抜群です。スナップボタンにより取り外しが可能なレンズが付属します。

BOB HEATH VISORSは、1970年イギリスにて、オートバイシールド専門メーカーとして誕生しました。オーナーのBOB HEATH氏はレースで得た経験を元にオリジナルシールドを開発し、それ以来、イギリスでヘルメットアクセサリーでのトップシェアを誇っており、いまも多くのレーサー達に愛用されております。日本のSONIC GEAR社とのコラボレーションモデルはSHM、BUCO専用シールド(一部モデルは除く)としてリリースしております

OEMとは、Original Equipment Manufacturingの略語です。 “メーカーが他社ブランドの製品を製造する“ ことを指します。DIN MARKETは高い技術レベルを持つメーカーであるという証拠でもあり、今後も他社ブランドとのOEMを積極的に展開していきます。